2019年06月17日

愛情物語(ジョージ・シドニー)

愛情物語(ジョージ・シドニー)
The Eddy Duchin Story
EDDY DUCHIN STORY
EDDY DUCHIN STORY
posted with amazlet at 19.04.20
Sony Pictures Home Entertainment
売り上げランキング: 440,531


1956年, US, 123min
監 督:George Sidney
脚 本:Samuel A. Taylor
撮 影:Harry Stradling
音 楽:George Duning
出 演:Tyrone Power, Kim Novak, Victoria Shaw, James Whitemore, Shepperd Strudwick, Larry Keating

★ジョージ・シドニー監督、タイロン・パワー、キム・ノヴァック主演の伝記映画。1930年代から1940年代に活躍した“スウィート”音楽の代表的なピアニスト、バンドリーダーのエディ・デューチンの生涯を描いた作品。薬剤師であったデューチン(タイロン・パワー)がニューヨークに上京、レオ・レイズマン楽団に入団しみるみると成功してゆく様と、それを支援した妻の急逝、息子との確執、そして彼自身が41歳で亡くなるまでを、軽快な演奏シーンで綴った音楽映画の傑作。邦題が原題通りに「エディ・デューチン物語」であれば彼の日本での知名度ももっと向上したであろう、と思うとともに、「愛情物語」とした当時の彼の日本での認知度がそうだったのだと思えるのが残念なところ。

by junn-chang, Jun,17, 2019
posted by junn-chang at 06:28| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

炎の人ゴッホ(ヴィンセント・ミネリ)

炎の人ゴッホ(ヴィンセント・ミネリ)
Lust For Life


1956年, US, 122min
監 督:Vincente Minnelli
脚 本:Noman Corwin
撮 影:Russell Harlan
音 楽:Miklos Rozsa
出 演:Kirk Douglas, Anthony Quinn, James Donald, Pamela Brown, Everett Sloane, Henry Daniell

★ヴィンセント・ミネリ監督、カーク・ダグラス、アンソニー・クイン主演のドラマ。ノーマン・コーウィン原作、オランダの画家、フィンセント・ファン・ゴッホの半生を描いた伝記映画で、生前には評価されないまま挫折と苦悩の中に死したファン・ゴッホをカーク・ダグラス、友人の画家ポール・ゴーギャン役にアンソニー・クインが演じ、両者を対比させながら精神的に不安定だったファン・ゴッホの内面を、ヴィンセント・ミネリ監督らしい堅実な演出と構成で描いた一作。伝記映画だけにエンターテイメント性には欠けるものの、カメラが捉えた風景と、ファン・ゴッホの絵画をシンクロさせてゆく手法は見事。フィンセントの弟テオ役のジェームズ・ドナルドも好演。

by junn-chang, Jun.16, 2019
posted by junn-chang at 09:57| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

追想(アナトール・リトヴァク)

追想(アナトール・リトヴァク)
Anastasia


1956年, US, 105min
監 督:Anatole Litvak
脚 本:Arthur Laurents
撮 影:Jack Hildyard
音 楽:Alfred Newman
出 演:Ingrid Bergman, Yul Brynner, Helen Hayes, Akim Tamiroff, Martita Hunt, Felix Aylmer, Ivan Desny

★アナトール・リトヴァク監督、イングリッド・バーグマン、ユル・ブリンナー主演のドラマ。ロシア人監督アナトール・リトヴァクによる、ロシア帝国の皇女アナスタシア存命伝説の映画化で、記憶喪失の女性アンナ・ニコルからアナスタシアまでを演じるイングリッド・バーグマン、それを支えるユル・ブリンナーの屹然とした演技の対比が素晴らしい。観る者を釘付けにしたまま進むストーリー、そしてラストシーンの皇太后(ヘレン・ヘイズ)による「The play is over」まで完璧な流れを持った傑作。アナトール・リトヴァク、イングリッド・バーグマン、ユル・ブリンナー、さらにはアキム・タミロフまで、彼らの出自を思えばあまりにも非米国的な米国映画。

by junn-chang, Jun.15, 2019
posted by junn-chang at 06:36| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

オクラホマ!(フレッド・ジンネマン)

オクラホマ!(フレッド・ジンネマン)
Oklahoma !


1955年, US, 143min
監 督:Fred Zinnemann
脚 本:Sonya Levien, William Ludwig
撮 影:Robert Surtees, Floyd Crosby
音 楽:Richard Rodgers, Oscar Hammerstein II
出 演:Gordon MacRae, Shirley Jones, Gloria Grahame, Gene Nelson, Charlotte Greenwood, Rod Steiger, Eddie Albert, James Whitmore

★フレッド・ジンネマン監督、ゴードン・マクレー、シャーリー・ジョーンズ主演のミュージカル映画。ファースト・ショットでの草原と青空の美しさに、これはいつの映画だ?と、ただ呆然とするミュージカル映画の傑作。全編143分中80%以上かと思えるほどふんだんに導入される圧巻の歌とダンスシーン。ゴードン・マクレーとシャーリー・ジョーンズもさることながら、おばさん役のシャーロット・グリーンウッドの円熟演技と、グロリア・グレアムのおとぼけ歌唱が最高。ハリウッド・ミュージカルの底力をまざまざと見せつけてくれる作品。

by junn-chang, Jun.14, 2019
posted by junn-chang at 06:15| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

悪の花園(ヘンリー・ハサウェイ)

悪の花園(ヘンリー・ハサウェイ)
Garden Of Evil


1954年, US, 99min
監 督:Henry Hathaway
脚 本:Frank Fenton
撮 影:Milton R. Krasner, Jorge Stahl Jr.
音 楽:Bernard Herrmann
出 演:Gary Cooper, Susan Hayward, Richard Widmark, Hugh Marlowe, Cameron Mitchell, Victor Manuel Mendoza, Rita Moreno

★ヘンリー・ハサウェイ監督、ゲイリー・クーパー、スーザン・ハイワード主演の西部劇。メキシコのミゲルという町に辿り着いた船にたまたま乗り合わせていた三人の男、フッカー(ゲイリー・クーパー)、フィスク(リチャード・ウィドマーク)、デイリー、酒場でリア(スーザン・ハイワー)という女性に、金鉱山の落盤事故に遭った夫を救出に雇われ、その場にいたメキシコ人ヴィセンテとともに金鉱山へ向う。しかしその金鉱山のある場所は、“悪の花園”と呼ばれる場所でアパッチ族が潜む場所、だった、というストーリー。金山に見せられた男女の欲望、そして雇われた四人の思惑が交錯する中でリアの真実の愛が浮かび上がって来るものの、リアとフッカー以外はアパッチ族に殺されてしまうことで、“悪の花園”とは人間の心の中を指していることを暗示している一作。常に正義を説く元保安官役のゲイリー・クーパー、決して内面を見せない強い女リア役のスーザン・ヘイワードの演技、そして冒頭の酒場のシーンで登場する歌手リタ・モレーノに注目。

by junn-chang, Jun.13, 2019
posted by junn-chang at 06:27| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

ショウほど素敵な商売はない(ウォルター・ラング)

ショウほど素敵な商売はない(ウォルター・ラング)
There’s No Business Like Show Business
There's No Business Like Show Business [DVD] [Import]
Twentieth Century Fox (2012-07-31)
売り上げランキング: 448,064


1954年, US, 117min
監 督:Walter Lang
脚 本:Phoebe Ephron, Henry Ephron
撮 影:Leon Shamroy
音 楽:Irving Berlin
出 演:Ethel Merman, Donald O’Connor, Marilyn Monroe, Dan Dailey, Johnnie Ray, Mitzi Gaynor

★ウォルター・ラング監督、エセル・マーマン、ドナルド・オコナー主演のミュージカル映画。ヴォードヴィリアンとして活躍する5人の「ドナヒュー家」を主人公に、ショー・ビジネスの厳しさと家族の絆を描いた傑作。圧巻の“ショウ”を披露する母モーリー(エセル・マーマン)、父テレンス(ダン・デイリー)、長男スティーヴ(ジョニー・レイ)、長女ケイティ(ミッツィ・ゲイナー)、次男ティム(ドナルド・オコナー)というキャストが凄い。そしてティムの彼女ヴィッキーを演じるマリリン・モンローがティムを諭すとともにショー・ビジネスとは何なのかを別の立ち位置から照射。一家から離れていたティムが戻り離ればなれだった「ファイヴ・ドナヒュー」が再結成、華麗なステップを踏むラストシーンはまさに感涙もの。更にそこにモンローが加わった6人が並びアーヴィング・バーリンの<ショウほど素敵な商売はない>を歌い上げての感動の大円団。ブロードウィイの女王=マーマンと、セックスシンボル=モンローの共演が意味深さとともに、ゲイナーの素晴らしさも際だつ一作。

by junn-chang, Jun.12, 2019
posted by junn-chang at 06:28| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

ウィンチェスター銃 ‘73(アンソニー・マン)

ウィンチェスター銃 ‘73(アンソニー・マン)
Winchester ‘73
Winchester 73 [DVD] [Import]
Winchester 73 [DVD] [Import]
posted with amazlet at 19.04.20
Universal Studios Home Entertainment
売り上げランキング: 576,828


1950年, US, 93min
監 督:Anthony Mann
脚 本:Robert L. Richards, Borden Chase
撮 影:William H. Daniels
音 楽:Walter Scharf
出 演:James Stewart, Shelley Winters, Stephen McNally, Dan Duryea, Millard Mitchell, Rock Hudson, Tony Curtis,

★アンソニー・マン監督、ジェームズ・ステュワート、シェリー・ウィンタース主演の西部劇。父を殺した犯人を追跡するリン(ジェームズ・ステュワート)と、“1000に1つの銃”ウィンチェスター銃73年式が次から次へとガンマンの手を渡ってゆく流れが、重層的に描かれた作品。とにかくジェームズ・ステュワートの情けない顔が、いい。銃の腕はピカ一で、本作の主人公のはずなのに、際立った凛々しさがないというか、ガンマンというよりはライフル競技の選手的な真面目さが憎めない。あきらかにライバル達の方が強そうなのに、最後に生き残るのはもちろんジェームズ・ステュワート。西部劇を彩るあらゆる記号が散りばめられ、銃撃シーンの迫力は見もの、しかし、本作の観どころは、幾人もの癖のある脇役たち一人一人を“もう一人の主人公” ウィンチェスターを軸に、見事に立たせているアンソニー・マンの手であり、途中で誰が主人公だったか忘れてしまうほどの素晴らしさ。映画の最後の銃撃戦、“主役”ウィンチェスターと闘うジェームズ・ステュワートの図は、ストーリー上の勝負だけではなく、この映画の主役の座をかけた最終決戦のようでもあり。そしてもう一つは、シェリー・ウィンタース! このシンディ・ローパー・ライクなキャラの大ファンとしては、おばさん役じゃないウィンタースを観ることができるだけで楽しい作品。

by junn-chang, Jun.11, 2019
posted by junn-chang at 21:55| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

グレン・ミラー物語(アンソニー・マン)

グレン・ミラー物語(アンソニー・マン)
The Glenn Miller Story
Glenn Miller Story / [DVD] [Import]
Import (2013-11-07)
売り上げランキング: 108,931


1954年, US, 117min
監 督:Anthony Mann
脚 本:Valentine Davies, Oscar Brodney
撮 影:William H. Daniels
音 楽:Glenn Miller, Jpseph Gershenson, Henry Mancini
出 演:James Stewart, June Allyson, Harry Morgan, Charles Drake, George Tobias, Barton McLane, Sig Ruman, Marion Ross, Luis Armstrong

★アンソニー・マン監督、ジェームズ・ステュワート、ジューン・アリソン主演の伝記映画。バンド・リーダー、アレンジャー、そしてトロンボーン奏者であるスウィング・ジャズの巨人グレン・ミラーの伝記を映画化で、ジャズ・ミュージシャンのルイ・アームストロングやフランシス・ランフォードらが出演し、その名演を披露している作品。ジェームズ・ステュワートが自信たっぷりの台詞を吐きながらも、醸し出す情けない雰囲気が何とも言えない、いい味。そしてジューン・アリソンの知性的な存在感。様々なエピソードを早足で追う展開が全体にスピード感をもたらしている点や、クライマックスでのグレン・ミラーの「死」を直接に表現することを一切しない演出、そしてミラー不在のラジオからの演奏を聴く妻ヘレンの、泣き崩れる表情と、<茶色の小瓶>が流れてきた瞬間の表情の移り変わりこそが、この映画のハイライト。また著名ミュージシャンの出演は文句なしに格好いいので、眼と耳が釘付けになること必至。特に映画の終盤に登場するフランシス・ランフォードとザ・モダネアーズは必見!

by junn-chang, Jun.10, 2019
posted by junn-chang at 06:32| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

宇宙戦争(バイロン・ハスキン)

宇宙戦争(バイロン・ハスキン)
The War Of The Worlds
The War of the Worlds [DVD]
The War of the Worlds [DVD]
posted with amazlet at 19.04.13
Paramount Pictures (2005-07-04)


1953年, US, 85min
監 督:Byron Haskin
脚 本:Barre Lyndon
撮 影:George Barnes
音 楽:Leith Stevens
出 演:Gene Barry, Ann Robinson, Les Tremayne, Bob Cornthwaite

★バイロン・ハスキン監督、ジーン・バリー、アン・ロビンソン主演のSF映画。H.G.ウェルズの同名SF小説の映画化で、当時の技術の総力をつぎ込んだ特殊効果と、宇宙人と宇宙艇の造形、圧倒的な破壊力、そして人類滅亡を覚悟したときに突如訪れる結末が、SF映画の古典となった記念碑的作品。でも気になるのは、火星人相手に最後の手段として使用する原爆を、それ以前に極東の島国に落とした国家が作成した映画でありながら、放射能をゴーグルのみで防御するという認識の低さが酷い。それはさておき、火星人の造形センスに唯一対抗しているのがアン・ロビンソンの髪型!

by junn-chang, Jun.9, 2019
posted by junn-chang at 22:05| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

百万長者と結婚する方法(ジーン・ネグレスコ)

百万長者と結婚する方法(ジーン・ネグレスコ)
How To Marry A Millionaire


1953年, US, 95min
監 督:Jean Negulesco
脚 本:Nunnally Johnson
撮 影:Joseph MacDonald
音 楽:Alfred Newman
出 演:Lauren Bacall, Marilyn Monroe, Betty Grable, Cameron Mitchell, William Powell, Rory Calhoun, David Wayne

★ジーン・ネグレスコ監督、ローレン・バコール、マリリン・モンロー、ベティ・グレイブル主演の恋愛コメディ。3大女優が共演、人生は“金”、よって大金持ちとの結婚に全力を尽くす、という主題の一作。しかし言えることは一つ、マリリン・モンローはすべてを救う、か。あまりにも映画的でない凡庸な映画。シネマスコープであることに映画的表現が振り回された作品で、脚本はC級未満Z級以上。最後のオチがまったく落ちないばかりか、美人でなければ金持ちとの結婚を望むことさえできないという、教訓どころか、逆説的に差別観を曝け出している作品。それでもマリリン・モンローのど近眼天然ボケキャラによって、この映画は救済されてしまう、ということ自体が映画的と捉えるべき、か。

by junn-chang, Jun8, 2019
posted by junn-chang at 08:43| Comment(0) | アメリカ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする